Tag: 和歌山県

和歌山寺がキャッシュレス支払いオプションを導入

和歌山寺がキャッシュレス支払いオプションを導入

  和歌山県木之川市の寺院では、最近、訪問者が自分のスマートフォンでキャッシュレス支払いアプリケーションを使ってお金を提供できるシステムが発表されました。 近畿地方から岐阜県にまたがる33寺西国観音巡礼路の第3号は、若者や外国人観光客の間でキャッシュレス決済サービスの人気が高まっていることを受けて、このシステムが導入されました。 訪問者は、売春箱に表示されたQRコードをスキャンして、彼らが与えたい金額を選択するだけです。 あるお寺の役人によると、このシステムは、若い寺院の訪問者がスマートフォンを使ってお守りのお守りの代金を払うことが可能かどうかを尋ねられた後、3月中旬に導入されました。 お金を提供することに加えて、訪問者は彼らのスマートフォンを使ってお守りの代金を払うこともできます。 しかし、圧倒的多数の訪問者は依然として現金の提供を行っています。当局者は、キャッシュレスシステムを使用すると感情が欠如していると感じる人もいると語った。 「キャッシュレス決済サービスがより普及すると、おそらくより自然に感じられるようになるでしょう」と当局者は語った。

仕事で一生懸命新しいビザの最初の保有者

仕事で一生懸命新しいビザの最初の保有者

  和歌山県 - 新しい指定技能ビザが与えられた最初の外国人は、日本での今後数年間は全てが仕事で遊びなしではないことを望んでいます。 カンボジア人のSot Pheavy(28歳)とBuo Volak(21歳)がここの農場での農業技術の向上に忙しい中、女性たちは彼らも楽しい時間を過ごすつもりだと言っています。 最近の日、彼らはタマネギを収穫するのに苦労していました。 2人は技術研修生として3年間働き、5月に新しい指定技能ビザを取得しました。 彼らは2016年5月に初めて日本に到着し、大阪府岸和田市にある農業会社GFFが管理する農場で野菜の栽培と収穫に携わっていました。 カンボジアの彼らの家族は農業に関わっていなかったので、どちらも農業経験はほとんどありませんでした。 最初、日本人スタッフは鎌の使い方などすべてを教えなければなりませんでした。しかし、昨年の入国管理および難民認定法の改正後、4月に新しいビザステータスが公開されたときに、彼らは十分に急速にスキルを向上させ、ビザステータスを技術研修生から特定のスキルに変更できました。 改正により、農業を含む14の事業部門で特定の技能ビザを発行することができます。 今ここで農場で働いている2人は週に2日休みをとっています。彼らの就業日は午前6時に始まり午後3時に終わる。それは彼らが彼らの家族に家にお金を送り続けることを可能にします。 彼らは新しいビザによって彼らがさらに5年間日本で働き続けることができることを嬉しく思います。 Sot Pheavyは日本について、「桜と雪がきれい、米はおいしい」と述べた。 Buo Volakは、「もっとスキルを身に付けるためにもっと一生懸命勉強したいのですが、外に出て楽しんで行きたいです」とも語った。 GFFは、カット野菜を製造・販売する岸和田を拠点とするJFCの生産を担当しています。 ...

Translate

Popular Post

【英総選挙2019】 各党代表者がテレビ討論 焦点はやはりブレグジット

  イギリス各党の有力議員が1日、12日の総選挙に向けたテレビ討論大会に参加し、欧州連合(EU)離脱や国民保健サービス(NHS)、テロ対策などについて激論を交わした。 ITVが放送したこの討論会には、与党・保守党からはリシ・スーナック財務長官が出席。保守党が勝利した場合、EUとの合意なくEUを離脱する案を取り下げるよう他党議員から強く求められたが、明言を避けた。 また、最大野党・労働党のリチャード・バーゴン影の法相は、同党が約束しているブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる2度目の国民投票を行う案について追及された。 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱する予定だが、イギリス議会は離脱条件をまとめたEU離脱協定案をまだ承認していない。 ボリス・ジョンソン英首相は12日の総選挙で過半数議席を獲得し、ブレグジットを実現したい一方、野党各党は国民投票やブレグジットの中止などを掲げている。 ブレグジットめぐり衝突 司会者のジュリー・エッチンガム氏はバーゴン氏に、労働党が勝利して2度目の国民投票が実現した場合、残留と離脱のどちらに投票するつもりかと尋ねた。 これに対しバーゴン氏は、「労働党政権が(EUと)離脱協定を結んだ後に地元の労働党員と話し合い、どういするか決めたいと思う」と話し、直接回答しなかった。 また、同党のジェレミー・コービン党首が2度目の国民投票について中立を保っていることを擁護。コービン氏は「選挙のために国民を利用するのではなく、イギリスをひとつにし、分裂をいやすつもりだ」と語った。 これに対し野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、コービン氏の中立は「党首ではなく見物人の立ち位置だ」と批判。しかしバーゴン氏は、自由民主党のブレグジット中止案は「あまり自由主義的でも、民主主義的でもない」と反論した。 2度目の国民投票を支持するスコットランド国民党(SNP)のニコラ・スタージョン党首は、保守党が「何としてでもブレグジットを実現しようとして」いることも、労働党が「どちら側に立つかすら決められない」ことも、「ひどい有様だ」と批判した。 その上で保守党のスーナック氏に対し、保守党がEUとの通商交渉に失敗した場合、合意なしブレグジットを回避するよう求めた。 スーナック氏は、「すでに協定案はできあがっている」とした上で、ブレグジットで焦点となっているのは離脱協定であり、通商協定ではないと訂正した。 さらに、通商協定は「将来取り決めるもの」だと説明し、「その未来にたどり着くには」2016年の国民投票の結果を尊重し、EUを離脱するしかないと話した。 司会を務めたジュリー・エッチンガム氏...

Read more