亀の儀式が栃木を決める、京都は秋の儀式のために米を栽培する

  亀の殻を含む古代の儀式では、栃木県と京都府が、秋に新皇帝として公演する大感謝祭のために米を栽培するために選ばれました。 2つの都道府県は、5月13日の朝に皇居の聖地で行われた斎田天皇の儀式の間に日本の47都道府県から選ばれました。 都道府県の水田で栽培される米は、11月の大感謝祭の間に神に提供されます。 サイデン天皇の儀式は、それぞれ15センチ、横15センチの五角形の形に形成されたアオウミガメの殻を含みます。 「幸運」を示す2つの都道府県は、火で焼いた後に殻に入ったひび割れに基づいて選択されました。 式典では、日本の都道府県は、「結城のちほ」と呼ばれる18の都道府県を持つ東日本、または「すきのちち」と呼ばれる29の都道府県を持つ西日本のいずれかに分類されました。 栃木は東日本から、京都は西日本から選ばれました。 ナルヒトの父、アキヒトが1989年に皇帝になったとき、秋田県は東日本から、大分県は西日本から選ばれました。 皇帝世帯によると、亀の殻を使った神道の儀式は何世紀にも渡って行われ、農民が新しい皇帝の大感謝祭のために米を栽培する場所を指定してきました。 サイデン天皇のGiは、西寺で始まり、カーテンで囲まれた場所で、午前10時ごろに新伝帝国の聖域に面した庭の前に建てられ、約40分間続きました。聖域は日本中の神々に捧げられています。 成仁は式に出席しなかった。 しかし、代理店のグランド・スチュワードである山本真一郎はその結果を皇居の皇帝に報告した。 代理店は儀式との協力のために栃木県と京都府に連絡して、彼らの特別な水田がどこに設置されるかについて地元の当局と話し合います。 農家にとって、上昇に関連した米を贈り物として皇室に贈ることは長年の慣例でした。 しかし、アキヒトの浮上時には、米を栽培した農民たちは、戦後の憲法に基づいて最初の儀礼であったため、給与を支払われました。 その機関はなる人に対しても同じことを計画している

Read more

Translate

Popular Post

【英総選挙2019】 各党代表者がテレビ討論 焦点はやはりブレグジット

  イギリス各党の有力議員が1日、12日の総選挙に向けたテレビ討論大会に参加し、欧州連合(EU)離脱や国民保健サービス(NHS)、テロ対策などについて激論を交わした。 ITVが放送したこの討論会には、与党・保守党からはリシ・スーナック財務長官が出席。保守党が勝利した場合、EUとの合意なくEUを離脱する案を取り下げるよう他党議員から強く求められたが、明言を避けた。 また、最大野党・労働党のリチャード・バーゴン影の法相は、同党が約束しているブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる2度目の国民投票を行う案について追及された。 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱する予定だが、イギリス議会は離脱条件をまとめたEU離脱協定案をまだ承認していない。 ボリス・ジョンソン英首相は12日の総選挙で過半数議席を獲得し、ブレグジットを実現したい一方、野党各党は国民投票やブレグジットの中止などを掲げている。 ブレグジットめぐり衝突 司会者のジュリー・エッチンガム氏はバーゴン氏に、労働党が勝利して2度目の国民投票が実現した場合、残留と離脱のどちらに投票するつもりかと尋ねた。 これに対しバーゴン氏は、「労働党政権が(EUと)離脱協定を結んだ後に地元の労働党員と話し合い、どういするか決めたいと思う」と話し、直接回答しなかった。 また、同党のジェレミー・コービン党首が2度目の国民投票について中立を保っていることを擁護。コービン氏は「選挙のために国民を利用するのではなく、イギリスをひとつにし、分裂をいやすつもりだ」と語った。 これに対し野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、コービン氏の中立は「党首ではなく見物人の立ち位置だ」と批判。しかしバーゴン氏は、自由民主党のブレグジット中止案は「あまり自由主義的でも、民主主義的でもない」と反論した。 2度目の国民投票を支持するスコットランド国民党(SNP)のニコラ・スタージョン党首は、保守党が「何としてでもブレグジットを実現しようとして」いることも、労働党が「どちら側に立つかすら決められない」ことも、「ひどい有様だ」と批判した。 その上で保守党のスーナック氏に対し、保守党がEUとの通商交渉に失敗した場合、合意なしブレグジットを回避するよう求めた。 スーナック氏は、「すでに協定案はできあがっている」とした上で、ブレグジットで焦点となっているのは離脱協定であり、通商協定ではないと訂正した。 さらに、通商協定は「将来取り決めるもの」だと説明し、「その未来にたどり着くには」2016年の国民投票の結果を尊重し、EUを離脱するしかないと話した。 司会を務めたジュリー・エッチンガム氏...

Read more