コンゴのエボラ流行で「緊急事態宣言」、史上5度目 WHO

  WHOのテ ドロス・アダノム・ゲブレイエ スス事務局 長はこの日、スイス・ジュネーヴでの 記者会 見で、「世界が留意す べき時だ」と述べた。 コンゴ では今 週に入り、人口100万人以上の東部 ゴマでも症 例が確認さ れた。今回の流 行で、ゴマで 感染者が確認されたの は初めて。ゴマは、コンゴとル ワンダ 国境 の街で、主要な交通の 拠点と なっ ている。 WHOは、隣国への感染 拡大のリ スクは「非常に高 い」と警告 している。...

Read more
医療団体が患者から苦情を彼らの医師に漏らす

  美容整形外科医の組織は、それが日常的に彼らの医師や診療所に患者の術後の苦情を漏らして、個人情報のずさんな取り扱いをめぐる憤慨と可能な法的違反に対する批判を引き出していると認めました。 958人の医師などで構成される一般社団法人日本美容外科学会(JSAS)は、この手漏れは処置後の問題を抱えている患者への無料相談サービスに起因していると述べた。 JSAS事務局の関係者は、「私たちは、健康関連の問題への回答を提供し、苦情を書いた診療所に改善を求めるように相談サービスを設立しました」と述べた。 「名前と自宅住所を編集している限り、個人情報とは見なされないと考えました。私たちはそれについて素朴でした。」 問題は、名前と住所がなくても、診察の詳細にはまだ患者を特定するのに十分な情報が含まれているということです。そして、この情報はしばしば問題のある医師や診療所の手に渡りました。 東京で30代の女性が2018年にJSASのウェブサイトを通して助言を求めた。彼女は診療所で豊胸手術を受けた後に感染症に苦しんでいた。 彼女は診療所で何らかの治療を受けたが、痛みと腫れは消えなかった。それで彼女は自分の症状を治療することができる病院の名前を尋ねて、ウェブサイト上の相談用紙に記入しました。 女性は、彼女がJSASからの返事を決して受け取らなかったと言いました。 代わりに、彼女はすぐに豊胸手術を行った診療所から電話を受けました。 「あなたはJSASに相談しました、あなたはしませんでしたか?」発呼者は言った。 女性は、単にJSASからの情報を探していたと述べました。 しかし、電話をかけてきた相手は次のように話しました。「たとえあなたがJSASに聞いても、あなたの主張はいずれにせよ私たちに転送されるでしょう。ご連絡ください。」 「情報が完全に診療所に漏洩したという事実に私は怯えていました」と女性は言いました。 「私はJSASを信頼しました。なぜならそれは専門の医師のグループだからです。しかし彼らは私の情報を漏らしました。怒っているというよりは悲しいと思う」 JSASは、2013年にそのウェブサイトで美容整形外科診療所の患者のための無料相談サービスを開始しました。 苦情を抱えている人は、氏名、自宅住所、年齢、診療所名、医者名、手続きの場所、Eメールアドレス、そしてなぜ相談を求めているのかを含むオンラインフォームに記入するよう求められました。 フォームが提出された後、JSASは美容医療分野の十分な知識を持ったコンサルタントからの回答を提供することを約束しました。 JSASは、毎年約100件の相談依頼を受けていると述べていますが、そのほとんどは、術後の痛みなどの健康上の問題、および医師の態度や費用に関する苦情についてのものです。 JSAS事務局のスタッフは、患者の名前と自宅住所を編集した後、各相談依頼を電子メールで複数の役員に転送しました。 理事会メンバーが特定の診療所に指導を与えるべきであると判断した場合、相談の詳細が診療所に送られた - 患者からの事前の同意なしに。 いくつかのケースでは、理事会メンバーは苦情で名前を挙げられた医師でした。しかし、彼らはまだ電子メールを受信し、相談についての情報を閲覧することができます。 JSASが診察情報を診療所に漏えいしたケースの総数は、依然として不明です。 昨年の秋、JSAS事務局が匿名の電話を受けたときまで、疑わしい慣習が続いていました。「私はJSASに相談した後、医者に叱られました。私の個人情報を漏らさないでください。」 その呼びかけはJSASに法的助言を求めるよう促した。弁護士がその行為が個人情報保護法に違反している可能性があると指摘した後、JSASは11月に診療所との相談情報の共有を中止しました。 それ以来、JSASによると、患者は理事会メンバーからの回答しか受けていません。...

Read more
家族は北朝鮮から拉致被害者の早期帰国を求める

  京都大学は、最近のノーベル賞受賞者である免疫学者本庄泰助氏の希望を認め、日本で最初の癌免疫療法研究センターを設立します。 「癌免疫に関する総合研究センター」は、2018年にノーベル生理学・医学賞を受賞した本庄(77歳)が率いる。 そこにいる研究者たちは基礎から応用まで癌免疫療法を包括的に研究して、病気と戦うために体の防御を強化するでしょう。 大学によると、研究センターは免疫の基本的なメカニズムを明らかにし、癌治療のための薬を開発し、そしてその薬を使って臨床試験を行うために働く5つか6つの部門からなるでしょう。 国営大学は、2020年4月に教育省にセンター設立のための予算を設定するよう依頼する予定です。 癌治療薬Opdivoの開発につながった研究でノーベル賞を受賞した本庄氏は、そのような研究センターの創設と若い研究者の支援を求めている。彼は京都大学の分子免疫学の優れた教授です。

Read more

Translate

Popular Post

【英総選挙2019】 各党代表者がテレビ討論 焦点はやはりブレグジット

  イギリス各党の有力議員が1日、12日の総選挙に向けたテレビ討論大会に参加し、欧州連合(EU)離脱や国民保健サービス(NHS)、テロ対策などについて激論を交わした。 ITVが放送したこの討論会には、与党・保守党からはリシ・スーナック財務長官が出席。保守党が勝利した場合、EUとの合意なくEUを離脱する案を取り下げるよう他党議員から強く求められたが、明言を避けた。 また、最大野党・労働党のリチャード・バーゴン影の法相は、同党が約束しているブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる2度目の国民投票を行う案について追及された。 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱する予定だが、イギリス議会は離脱条件をまとめたEU離脱協定案をまだ承認していない。 ボリス・ジョンソン英首相は12日の総選挙で過半数議席を獲得し、ブレグジットを実現したい一方、野党各党は国民投票やブレグジットの中止などを掲げている。 ブレグジットめぐり衝突 司会者のジュリー・エッチンガム氏はバーゴン氏に、労働党が勝利して2度目の国民投票が実現した場合、残留と離脱のどちらに投票するつもりかと尋ねた。 これに対しバーゴン氏は、「労働党政権が(EUと)離脱協定を結んだ後に地元の労働党員と話し合い、どういするか決めたいと思う」と話し、直接回答しなかった。 また、同党のジェレミー・コービン党首が2度目の国民投票について中立を保っていることを擁護。コービン氏は「選挙のために国民を利用するのではなく、イギリスをひとつにし、分裂をいやすつもりだ」と語った。 これに対し野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、コービン氏の中立は「党首ではなく見物人の立ち位置だ」と批判。しかしバーゴン氏は、自由民主党のブレグジット中止案は「あまり自由主義的でも、民主主義的でもない」と反論した。 2度目の国民投票を支持するスコットランド国民党(SNP)のニコラ・スタージョン党首は、保守党が「何としてでもブレグジットを実現しようとして」いることも、労働党が「どちら側に立つかすら決められない」ことも、「ひどい有様だ」と批判した。 その上で保守党のスーナック氏に対し、保守党がEUとの通商交渉に失敗した場合、合意なしブレグジットを回避するよう求めた。 スーナック氏は、「すでに協定案はできあがっている」とした上で、ブレグジットで焦点となっているのは離脱協定であり、通商協定ではないと訂正した。 さらに、通商協定は「将来取り決めるもの」だと説明し、「その未来にたどり着くには」2016年の国民投票の結果を尊重し、EUを離脱するしかないと話した。 司会を務めたジュリー・エッチンガム氏...

Read more