エンターテイメント

【美土路の見どころ】 出場国に広がる日本の慣習と、日本に広がってほしい伝統国の精神

  これまでのラグビーワールドカップ(W杯)でほとんど見られなかった選手のある行動が、日本で熱戦を繰り広げる出場国にじわじわ広がっている。 「ワールドカップ出場チーム、開催地の慣習をまねて日本人の心を奪う」――。こんな見出しの記事が、26日付の英ガーディアン紙の電子版に掲載された。 大会2日目に南アフリカ代表スプリングボクスとの大一番を制したニュージーランド代表オールブラックスを皮切りに、アイルランド、イタリア、サモア、ナミビア、ウェールズといったチームが、勝敗にかかわらず、試合後は一列に並んで日本式のお辞儀をして観客に感謝の気持ちを伝えたことを報じている。 歓迎へのお返し 記事ではオールブラックスのキャプテン、キーラン・リードがお辞儀について、「日本で受けた温かい歓迎へのお返し」と説明している(記事はまた、ウェールズ代表の北九州での事前キャンプに1万5000人の市民が集まり、国歌として歌われる「ランド・オブ・マイ・ファーザー」を合唱したエピソードも紹介している)。 今大会、お辞儀が新しい流行となっている。一方で、ラグビー伝統国は、ラグビー界に長く続く慣習が今も生きていることも示している。 負傷退場の相手に拍手 オールブラックスのお辞儀が話題を集めた翌日、横浜国際総合競技場で行われたアイルランド-スコットランド戦。 スコットランドのフランカー、ヘイミッシュ・ワトソンが前半、W杯から離脱して帰国に追い込まれるような重傷を負った時のことだ。 カートに乗って退場するワトソンを、ピッチ上のアイルランドの選手が拍手で送った。6万3731人の観客の7割は占めているように思われた、アイルランドのサポーターからも大きな拍手がわいた。 そこには、対戦相手である以前に、同じスポーツを愛し、プレーする選手への敬意が込められていた。 それを見て、私はある光景を思い出した。 「裏切り者」にブーイング ニュージーランドで開催された2011年W杯。地元ファンにとっての唯一無二の悪役だったのが、オーストラリア代表ワラビーズのクエイド・クーパーだ。 ニュージーランド生まれのクーパーは、15歳でタスマン海を渡り、その後、ライバル国の代表となった。大会前の両者の対戦では、司令塔としてワラビーズを勝利に導いた。 さらに、オールブラックスのキャプテン、リッチー・マコウと試合中に小競り合いを起こしたことで、地元ファンの反感は一段と高まった。 だから、ワラビーズのすべての試合で、クーパーは試合前の練習に登場した時から、黒い服に身を包んだ地元の熱狂的な観客から大きなブーイングを浴び続けていた。 悪意も侮辱もなく ワラビーズは準決勝で敗れ、ウェールズとの3位決定戦に回った。その試合で、クーパーは膝に重傷を負い、前半22分で退場する。 傷つき、失意の中でピッチを去るクーパー。その彼に、ニュージーランド人を中心とした約5万3000人の観客から送られたのは、大きな拍手だった。 私はその場で取材していたが、その拍手には「ざまあみろ」といった悪意も侮辱もまったく感じられなかった。そこまでの健闘を称える、温かい拍手だった。 (ちなみに、オーストラリアのクーリエメール紙の記事では、クーパーとマコウは一緒にビールを飲みに行く仲になっているという) 何を優先するのか アイルランドとスコットランドの対戦では、もう一つ、さすがラグビー文化が深く根付いた伝統チームと思わせる場面があった。 試合が終わると、両チームの選手はまず相手選手と握手を交わし、次いでそれぞれが花道を作ってお互いを送り出した。そして、その後で初めてチームごとに分かれて円陣を組んだのだ。 本来はラグビーにおいて当然の光景だ。それが目をひいたのは、実は日本国内の試合ではなかなか見られなくなっているからだ。 ジャパンラグビートップリーグの試合では、多くのチームがまず自チーム内で円陣を組む。対戦相手と健闘を称え合うのは後回しだ。...

Read more
「私たちを裏切った」、気候変動の危機訴える少女 国連で怒りの演説

  スウェーデン人の環境保護活 動家のグ レタ・トゥーンベリさん(16)は23日、米ニュー ヨークで開か れた国連気候行動サミットで演説し、気候変動問 題について行動を 起こしていな いとして、各国首 脳を非 難した。 トゥーンベリさんは、約60カ国の首脳 や閣僚を 前に、「あなた方は、私の夢 や私の子供時 代を、空っぽ な言葉で奪った」と激 しい口調で 語った。 具体的な対応策示さない国は演説禁止に 気候行動サミットは、国連 のアント ニオ・グテーレス事務総長の呼 びかけで、言葉で はなく行動につ いて議論するた めに開か れたもの。...

Read more
米エミー賞でイギリス勢が多数受賞 「フリーバッグ」が最優秀コメディ

  アメリカで放送・配信された 優秀作品に 与えられる米エミー賞の授賞式が22日、ロサンゼルスであり、BBCドラマ「フリーバッグ」で主演・脚本を担当したフ ィービー・ウォラー=ブリッジや、BBCアメリカ製作のスリラー「キリング・イヴ」の主演ジョウディー・コウマー、政治ドラマ「英 国スキ ャンダル」出演の ベン・ウィショーなど、イギリス勢が次々と主 要部門で受 賞した。 最優秀ドラマ・シリーズは、8シーズンで完結した「ゲ ーム・オブ・スロ ーンズ」が受賞した。 コメディ・ドラマ「フリーバッグ」は、ロンドンに住む30代独 身女性 の生活を 時に温かく、時に皮肉に、そして時に情け容赦なく描き、英米で大きな話題となった。この日は、最優秀コメディ主演女優、最優秀コメディ・シリーズ、最優秀コメディ脚本など6部門で受賞した。「フリーバッグ(fleabag)」は「のみだらけ、汚らしい」という意味。シリーズでは主演の女性がそう呼ばれる。劇中で名前は使われない。 自作の舞台劇からテレビ・シリーズを作り、脚本を担当して主演したウォラー=ブリッジは、「汚らしくて変で、いつも怒っていて、中身ぐちゃぐちゃな女が、エミーまでたどりつくなんて、素晴らしいし安心します」と笑った。 また、そもそも1人芝居として始まった「フリーバッグ」を作り出 したのは、こうして賞を 受賞したかっ たからだと冗談を飛ばし、「何かを書くのは本当に大変で 本当に つらいのだけど、心の底から本 心だけど、なぜ書くのかというとこのためです」と、手にした エミー像を持ち 上げた。 「なのでやった甲斐があったよ、みんな。本当にありが...

Read more
【ラグビーW杯】 「ネギを持った女王様」に非公認キャラ…マスコット大国日本

  2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のマスコットがツイッターで大々的に発表さると、世界からの反応は……実にさまざまだった。 「これって猫なの?」 「ラグビーのマスコットはた くましく、無愛想で、 パイント・グラス に入った ビール を 持っている べきだ」 「私のセラ ピストからの 請求書 を送ろう」 ……さらには、あからさ まに殺意の ある ものまで。 「火をつけて殺せ」 https://twitter.com/rugbyworldcup/status/956820205539352576 ひどい描かれ方をさ れた 猫のような生き 物だと 思われた、かわ いそう なレンジー(これ...

Read more
「アビイ・ロード」の写真から50年 今も横断歩道で大勢が撮影

  ビートルズの4人は当時、横断歩道の前にあるEMIのアビー・ロード・スタジオで新譜の録音に取り組んでいた。 撮影したのはスコットランド出身のカメラマン、イアン・マクミラン。片側一車線の道路B507の車の流れを警官がいったん停めるなか、道路の真ん中に脚立を立ててそこに上った。 白いスーツ姿のジョン・レノンを先頭に、リンゴ・スター、なぜかはだし(そしてこれが後に大いに注目された)ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリソンと続き、4人は何度か横断歩道をわたり、マクミランはその様子を6回、撮り続けた。 撮影はわずか10分で終わった。 撮った6枚のうち5枚目が、やがてアルバム「Abbey Road」のカバーに選ばれた。4人の両脚が完全な「人」の形になっている1枚を、マクミランこだわって選んだのだという。 ビートルズに ついて著 作の あるスコ ットラ ンドの 作家、ケン・マクナ ブさんはBBCラジオに 対して、撮影当時のビー トルズは すでに関 係が悪化 していて、決定的に決 裂する 寸前だっ たと話す。 「仕事の 上でもお 互いと の関係 の上...

Read more
なぜ日本は津波地帯にミサイル防衛サイトを建設しているのか

  ミサイル防衛バッテリーを作るためのすべての場所のうち、なぜ水中になる可能性のある場所を選ぶのでしょうか。 日本の当局者は、なぜイージスアショアミサイル防衛施設の設置場所が、津波によって浸水する可能性がある地域であるのかを説明しようとしています。 日本の防衛省は最近、「イージス・アショアのレーダーシステムとミサイル発射装置の設置を計画していた地域は、県当局が予測する2〜5メートル[7〜16フィートの津波による浸水の危険にさらされました。朝日新聞によると。 日本はアメリカ海軍のAegis海軍対ミサイルシステムの陸上バージョンである2つのAegis Ashoreシステムを約22億米ドルで購入しています。 1つは北日本のArayaサイト、もう1つは南部日本のMutsumi軍事訓練サイトに予定されています。彼らは北朝鮮の弾道ミサイルの波を止めることになっているが、今それを脅かす波は2011年の福島の津波のように日本北部を襲い、3つの原子炉を損傷したような海底地震から来る。 狭い山岳地帯の日本で適切なミサイル防衛サイトを見つけることは容易ではありません。国防省は20のサイトを調査した。 「適合性を判断するための5つの基準には、近くにレーダーパルスを遮断する可能性のある高い山が存在するかどうか、電力と水道の安定性、および津波に対する脆弱性が含まれました」と朝日新聞は述べました。 「アラヤと他の19のサイトへの津波リスクを評価する報告書は、4つが重大な影響を受け、さらに4つがそれほど影響を及ぼさないだろうと述べた。」 アラヤは平らで北朝鮮の向かい、日本海に面しているので選ばれました。朝日新聞は、「報道では、アラヤ遺跡が津波に浸った危険にさらされていることは言及されていない」と述べた。 岩屋毅国防相は、「訓練区域の大部分が水没する可能性は低い」と付け加えたが、サイトが津波によって浸水する可能性があると認めた。 「私は、大臣は、土地を高揚するための作業が行われれば、その影響は回避できるとの仮定のもと、報告書で津波の危険性について言及していなかったと思う」と語った。 物議をかもしているミサイル防衛プロジェクトを悩ませているのは津波だけではありません。 Google Earthを使用しているため、いくつかの代替サイトが除外されました。朝日新聞は、「例えば秋田県男鹿地区の山頂の実際の仰角は4度だった」と述べた。 「しかし、それは大臣の報告書で15度として記載されていました。同省によると、レポートを作成した関係者は、Google Earthプロアプリの仮想地球儀を使用して断面図を作成しました。しかし彼らは、作成された図表が山の起伏を強調するために垂直方向に誇張されていることを認識していませんでした。」 これらの問題は、イージスシステムの強力なレーダーパルスによる健康上のリスクと、北朝鮮のミサイルの標的にされる恐れがあることをすでに心配している2つのミサイル防衛サイトの近くに住んでいる住民の間で憤りを燃やすでしょう。 日本の騒動は弾道ミサイル防衛の問題を説明しています:誰も彼らの近所のミサイル発射装置とレーダーサイトを望みません。 1960年代に、ペンタゴンがSafeguardミサイル防衛システムとその核武装迎撃ロケットを建設することを提案したとき、いくつかのアメリカの都市の居住者は彼らの地域での予想される設置に対して抗議しました。プロジェクトは最終的にノースダコタとモンタナのICBMサイロを守る2つの、主に象徴的なサイトに縮小されました。

Read more

Translate

Popular Post

【英総選挙2019】 各党代表者がテレビ討論 焦点はやはりブレグジット

  イギリス各党の有力議員が1日、12日の総選挙に向けたテレビ討論大会に参加し、欧州連合(EU)離脱や国民保健サービス(NHS)、テロ対策などについて激論を交わした。 ITVが放送したこの討論会には、与党・保守党からはリシ・スーナック財務長官が出席。保守党が勝利した場合、EUとの合意なくEUを離脱する案を取り下げるよう他党議員から強く求められたが、明言を避けた。 また、最大野党・労働党のリチャード・バーゴン影の法相は、同党が約束しているブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる2度目の国民投票を行う案について追及された。 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱する予定だが、イギリス議会は離脱条件をまとめたEU離脱協定案をまだ承認していない。 ボリス・ジョンソン英首相は12日の総選挙で過半数議席を獲得し、ブレグジットを実現したい一方、野党各党は国民投票やブレグジットの中止などを掲げている。 ブレグジットめぐり衝突 司会者のジュリー・エッチンガム氏はバーゴン氏に、労働党が勝利して2度目の国民投票が実現した場合、残留と離脱のどちらに投票するつもりかと尋ねた。 これに対しバーゴン氏は、「労働党政権が(EUと)離脱協定を結んだ後に地元の労働党員と話し合い、どういするか決めたいと思う」と話し、直接回答しなかった。 また、同党のジェレミー・コービン党首が2度目の国民投票について中立を保っていることを擁護。コービン氏は「選挙のために国民を利用するのではなく、イギリスをひとつにし、分裂をいやすつもりだ」と語った。 これに対し野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、コービン氏の中立は「党首ではなく見物人の立ち位置だ」と批判。しかしバーゴン氏は、自由民主党のブレグジット中止案は「あまり自由主義的でも、民主主義的でもない」と反論した。 2度目の国民投票を支持するスコットランド国民党(SNP)のニコラ・スタージョン党首は、保守党が「何としてでもブレグジットを実現しようとして」いることも、労働党が「どちら側に立つかすら決められない」ことも、「ひどい有様だ」と批判した。 その上で保守党のスーナック氏に対し、保守党がEUとの通商交渉に失敗した場合、合意なしブレグジットを回避するよう求めた。 スーナック氏は、「すでに協定案はできあがっている」とした上で、ブレグジットで焦点となっているのは離脱協定であり、通商協定ではないと訂正した。 さらに、通商協定は「将来取り決めるもの」だと説明し、「その未来にたどり着くには」2016年の国民投票の結果を尊重し、EUを離脱するしかないと話した。 司会を務めたジュリー・エッチンガム氏...

Read more