安倍首相は、ロシアとの和平協議の進展を誓う

  安倍晋三首相は、日本が主張する4つのロシアが保有する島々とロシアとの平和条約協議で経済協力を進めるために全力を尽くすと述べた。 彼の発言は今月後半の大阪でのG20サミットに先んじて行われ、そこで彼はロシアのウラジミールプーチン大統領と傍観して会う予定です。 金曜日、安倍首相は首相官邸で北海道知事の鈴木直道氏と元島民のグループ長などと会談した。 元島民指導者の脇君雄は、4つの島の迅速な帰還を求めた。彼はまた、元日本の居住者が彼らの家族の墓を訪問するために島に飛ぶことを可能にするプログラムの拡大を求めました。 日本政府は、4つの島が日本の領土の本質的な部分であると主張します。それは島が第二次世界大戦の後に違法に占領されたと言います。 安倍首相は、彼がプーチン大統領と会うときには、要求を心に留めておくと述べた。 会議の後、Wakiは元島民は過去2年間同じ墓地を訪れることしか許されていなかったと述べた。彼は彼らが同様に他の墓地を訪問することが許されることを望んでいると言いました。 鈴木知事は、先月ロシアが開催した島を訪問した際に物議を醸した、衆議院議員の丸山保香氏を含む一連の問題について記者団に語った。 丸山は元島民の指導者に島の撤退を支持するかどうか尋ねたところ酔っていたと伝えられている。 鈴木首相は、このような発言が日露間の相互理解の促進や交流に影響を与える可能性があると述べた地元の人々の懸念を首相に伝えたと述べた。

Read more
下院は丸山を戦争発言で非難する

  衆議院は、木曜日に丸山穂高議員を最近の失踪事件で非難する決議を満場一致で採択した。その中にはロシアが保有する4つの島を取り戻す方法として戦争を提案するものも含まれている。 この決議案は、反対派日本石党の元である丸山氏に、下院議員としての立場を明らかにして、彼が取るべき行動方針を直ちに決定するよう促した。 しかし、下院の総会で採択された運動は、法的拘束力はありません。丸山は辞任しないという彼の意図を繰り返した。 2つの会議の事務局によると、既存の記録が示す限り議会を非難する決議案は、最初に可決されました。 丸山氏は先月、日本の元居住者と北部準州への旅行に同行していたときに行った不適切な発言のために、日本イシンから追放された。 滞在中、彼は夜に他の代表団のメンバーとの喧嘩にも巻き込まれましたが、彼らはそれを許可されていませんでした。 決議は、丸山氏の発言が日本の国益を著しく傷つけ、衆議院の尊厳と権威を台無しにしたことを指摘した。 また、丸山は議員を務めるにはふさわしくないと主張した。 与党と野党はそれぞれ、下院に提出したという彼に対する反対運動を撤回した後、決議を合同で発表した。 丸山は2012年以来3回下院に選出されています。

Read more

  安倍晋三首相は木曜日、首相の伊藤博文氏と同盟し、米国で3番目に長い奉仕リーダーとなった。 安倍首相は、2007年9月に終了した1年間の任期を含め、就任後2720日目を迎えました。2012年12月に政権復帰しました。 安倍首相がこの夏の参議院選挙で生き残れば、8月24日の第二次世界大戦後の最長首相である佐藤栄作の2,798日を超え、桂太郎の過去最高の2,886日を超えることになる。 、11月20日に、20世紀初頭に設定。 安倍首相官邸では、「第一次政権の間の様々な経験に加えて、第二次政権の間に日本の人々からの強い支持が得られた」と述べた。 「国民に約束した各政策を着実に進めることで、(支援のための)責任を全うしたい」と阿部は言う。 内閣官房長官の須賀義英氏は水曜日の記者会見で、「総理大臣の指導の下、あらゆる課題に懸命に取り組んできた」と述べた。 彼は、経済の活性化や、外交や国家の安全保障政策の再構築などの分野を挙げました。 「人々の声を聞きながら、私たちの責任を果たすことが重要です」とSuga氏は言います。 与党自民党の上級幹部は、野党の弱い反対と首相府の強化が、安倍首相の長期にわたる権力掌握の背後にあると述べた。

Read more

Translate

Popular Post

【英総選挙2019】 各党代表者がテレビ討論 焦点はやはりブレグジット

  イギリス各党の有力議員が1日、12日の総選挙に向けたテレビ討論大会に参加し、欧州連合(EU)離脱や国民保健サービス(NHS)、テロ対策などについて激論を交わした。 ITVが放送したこの討論会には、与党・保守党からはリシ・スーナック財務長官が出席。保守党が勝利した場合、EUとの合意なくEUを離脱する案を取り下げるよう他党議員から強く求められたが、明言を避けた。 また、最大野党・労働党のリチャード・バーゴン影の法相は、同党が約束しているブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる2度目の国民投票を行う案について追及された。 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱する予定だが、イギリス議会は離脱条件をまとめたEU離脱協定案をまだ承認していない。 ボリス・ジョンソン英首相は12日の総選挙で過半数議席を獲得し、ブレグジットを実現したい一方、野党各党は国民投票やブレグジットの中止などを掲げている。 ブレグジットめぐり衝突 司会者のジュリー・エッチンガム氏はバーゴン氏に、労働党が勝利して2度目の国民投票が実現した場合、残留と離脱のどちらに投票するつもりかと尋ねた。 これに対しバーゴン氏は、「労働党政権が(EUと)離脱協定を結んだ後に地元の労働党員と話し合い、どういするか決めたいと思う」と話し、直接回答しなかった。 また、同党のジェレミー・コービン党首が2度目の国民投票について中立を保っていることを擁護。コービン氏は「選挙のために国民を利用するのではなく、イギリスをひとつにし、分裂をいやすつもりだ」と語った。 これに対し野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、コービン氏の中立は「党首ではなく見物人の立ち位置だ」と批判。しかしバーゴン氏は、自由民主党のブレグジット中止案は「あまり自由主義的でも、民主主義的でもない」と反論した。 2度目の国民投票を支持するスコットランド国民党(SNP)のニコラ・スタージョン党首は、保守党が「何としてでもブレグジットを実現しようとして」いることも、労働党が「どちら側に立つかすら決められない」ことも、「ひどい有様だ」と批判した。 その上で保守党のスーナック氏に対し、保守党がEUとの通商交渉に失敗した場合、合意なしブレグジットを回避するよう求めた。 スーナック氏は、「すでに協定案はできあがっている」とした上で、ブレグジットで焦点となっているのは離脱協定であり、通商協定ではないと訂正した。 さらに、通商協定は「将来取り決めるもの」だと説明し、「その未来にたどり着くには」2016年の国民投票の結果を尊重し、EUを離脱するしかないと話した。 司会を務めたジュリー・エッチンガム氏...

Read more