調査によると、より多くの顧客が店員に激怒しています。

  日本のサービス業および小売業の労働者を脅迫している手に負えない顧客の事例が増加しており、長期にわたる「顧客は王様」というモットーを再定義している。 多くの店員は、日常的にモンスターのように振舞い、嫌がらせの略で「春日原」に耐えることを余儀なくされている顧客に直面している、と繊維、化学、食品、商工、サービスおよび一般労働組合連合(UA Zensen)は述べた) 今日の満足度の低い顧客が気軽にスタッフを解き放つように思われるという憤慨、侮辱および不満の嘆願は、完全な嵐の産物であるように思われる。 ハンバーガーチェーンで働く20代の女性は、彼女が正規の顧客に嫌がらせを受けると言いました。 中年の男性は彼が言っていることを聞くことができないように彼が注文するたびにとても速く話す。 彼女が混乱したとき、彼は彼女に叫ぶ、「私が言ったことを理解しなさい!」 「あなたは私をからかっていますか?」男は彼女を隅に追いやろうとして暴言します。 「私は本当に彼を怖がっています」と女性は言った。 彼女の試練は珍しいことではありません。 「私は顧客に嫌がらせを受けています」と回答した約8万人の回答者のうち70%が、この業界最大の業界最大の組合であるUA Zensenによる調査について述べました。組合は、2017年から2018年の間に2回、組合員の調査を実施した。 「あなたは太って無能です」と顧客は小売店員に、虐待的な言葉でいっぱいの15分間の暴走で語った。調査によると、顧客は店員がレジを操作している間に行った間違いに憤慨した。 もう一人の店員は「弁当」箱入り弁当を買った人によって殴打された。顧客はソースがないと文句を言った。店員は謝罪するために顧客の家までずっと行きました。顧客は店員を約5時間行かせなかった。 交差点警報が鳴って近づいている列車に合図していたので、タクシー運転手は踏切で停止しました。乗客は激怒し、叫びながら言った。このバカ!" 調査では、特に小売業、フードサービス業、その他のサービス業において、顧客による嫌がらせが近年急増していることが示されました。 「回答者の40%以上が増加していると答えました。消費心理学を専門とする関西大学社会学教授の池内博美氏は、次のように述べています。 調査結果を分析した結果、池内氏は、消費者の権利を強化するために最近実施された施策および政策が、顧客による嫌がらせの増加の背後にある1つの要因であると結論付けた。 1995年の製造物責任法、および2004年の消費者保護基本法の改正および2009年の消費者庁の設立を通じて、消費者に優しい環境が日本に迅速に定着しました。 多くの企業は、法律や社会規範の順守を重視し、カスタマーサポートデスクを設置しています。 同時に、より多くの顧客がこのシフトを彼らの利点に変え、彼らの力を非常に発揮し始めました。 オンラインソーシャルネットワークの普及とメディア環境の変化も行動に影響を及ぼしており、消費者に不平を言う機会と告発を広めるためのより簡単な手段を提供しています。 平均的な人が戦いを選ぶ 元大阪府警警官の江川悟氏は、「昔は凶悪犯で喧嘩をして文句を言った」と述べた。 「しかし、今日では、過剰な欲求不満を吹き飛ばすために顧客としての自分の立場を利用するのは、平均的な人です。」 現在、顧客の苦情を処理する方法をビジネスに教えるコンサルティング会社の責任者である江川氏は、苦情を申し立てた幅広い人々に直面しています。 何人かは長い間低所得の状況で立ち往生していました。他の人々は家族によって無視され、一人で黄金時代を過ごしました。...

Read more
和歌山寺がキャッシュレス支払いオプションを導入

  和歌山県木之川市の寺院では、最近、訪問者が自分のスマートフォンでキャッシュレス支払いアプリケーションを使ってお金を提供できるシステムが発表されました。 近畿地方から岐阜県にまたがる33寺西国観音巡礼路の第3号は、若者や外国人観光客の間でキャッシュレス決済サービスの人気が高まっていることを受けて、このシステムが導入されました。 訪問者は、売春箱に表示されたQRコードをスキャンして、彼らが与えたい金額を選択するだけです。 あるお寺の役人によると、このシステムは、若い寺院の訪問者がスマートフォンを使ってお守りのお守りの代金を払うことが可能かどうかを尋ねられた後、3月中旬に導入されました。 お金を提供することに加えて、訪問者は彼らのスマートフォンを使ってお守りの代金を払うこともできます。 しかし、圧倒的多数の訪問者は依然として現金の提供を行っています。当局者は、キャッシュレスシステムを使用すると感情が欠如していると感じる人もいると語った。 「キャッシュレス決済サービスがより普及すると、おそらくより自然に感じられるようになるでしょう」と当局者は語った。

Read more

Translate

Popular Post

【英総選挙2019】 各党代表者がテレビ討論 焦点はやはりブレグジット

  イギリス各党の有力議員が1日、12日の総選挙に向けたテレビ討論大会に参加し、欧州連合(EU)離脱や国民保健サービス(NHS)、テロ対策などについて激論を交わした。 ITVが放送したこの討論会には、与党・保守党からはリシ・スーナック財務長官が出席。保守党が勝利した場合、EUとの合意なくEUを離脱する案を取り下げるよう他党議員から強く求められたが、明言を避けた。 また、最大野党・労働党のリチャード・バーゴン影の法相は、同党が約束しているブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる2度目の国民投票を行う案について追及された。 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱する予定だが、イギリス議会は離脱条件をまとめたEU離脱協定案をまだ承認していない。 ボリス・ジョンソン英首相は12日の総選挙で過半数議席を獲得し、ブレグジットを実現したい一方、野党各党は国民投票やブレグジットの中止などを掲げている。 ブレグジットめぐり衝突 司会者のジュリー・エッチンガム氏はバーゴン氏に、労働党が勝利して2度目の国民投票が実現した場合、残留と離脱のどちらに投票するつもりかと尋ねた。 これに対しバーゴン氏は、「労働党政権が(EUと)離脱協定を結んだ後に地元の労働党員と話し合い、どういするか決めたいと思う」と話し、直接回答しなかった。 また、同党のジェレミー・コービン党首が2度目の国民投票について中立を保っていることを擁護。コービン氏は「選挙のために国民を利用するのではなく、イギリスをひとつにし、分裂をいやすつもりだ」と語った。 これに対し野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、コービン氏の中立は「党首ではなく見物人の立ち位置だ」と批判。しかしバーゴン氏は、自由民主党のブレグジット中止案は「あまり自由主義的でも、民主主義的でもない」と反論した。 2度目の国民投票を支持するスコットランド国民党(SNP)のニコラ・スタージョン党首は、保守党が「何としてでもブレグジットを実現しようとして」いることも、労働党が「どちら側に立つかすら決められない」ことも、「ひどい有様だ」と批判した。 その上で保守党のスーナック氏に対し、保守党がEUとの通商交渉に失敗した場合、合意なしブレグジットを回避するよう求めた。 スーナック氏は、「すでに協定案はできあがっている」とした上で、ブレグジットで焦点となっているのは離脱協定であり、通商協定ではないと訂正した。 さらに、通商協定は「将来取り決めるもの」だと説明し、「その未来にたどり着くには」2016年の国民投票の結果を尊重し、EUを離脱するしかないと話した。 司会を務めたジュリー・エッチンガム氏...

Read more