ビジネス

会計事務所KPMG、アンドリュー英王子の事業への出資中止

  大手会計事務所KPMGは18日、英王室のヨーク公アンドリュー王子が運営する起業家向けイニシアチブ「 [email protected](ピッチ・アット・パレス)」への出資を中止すると発表した。 アンドリュー王子をめぐっては、性的人身取引で起訴され勾留中に急死した米富豪ジェフリー・エプスティーン被告(66)との友好関係について疑惑が噴出しており、KPMGの判断はこれを受けたものとみられる。 王子は先にBBCの単独インタビューに応じ、すでに性的犯罪で有罪となっていた被告の家に滞在したことは「過ち」で、自分の周囲を「がっかりさせる」行動だったと認めた。一方で、未成年女性との性行為疑惑については否定している。 (編集部注・ Jeffrey Epstein被告の姓は、日本語メディアで「エプスタイン」と表記されることもありますが、BBCでは当人を知る関係者たちの発音に近い「エプスティーン」と表記しています) ピッチ・アット・パレスは、ビジネスアイデアを業界の著名人にプレゼンできる機会を起業家に与えるプログラムで、2014年にアンドリュー王子が立ち上げた。 現在64カ国で展開されており、これまでに6300人以上の雇用を生み出しているという。ピッチ・アット・パレスにはKPMG以外にも出資企業がある。 BBCはバッキンガム宮殿とKPMGにこの件についてコメントを求めた。KPMGはコメントを拒否している。 こうした中、アンドリュー王子が学長を務める英ハダースフィールド大学の学生組合は18日、王子の学長辞任を求める決議を採択した。 また、王子がパトロンを務める教育慈善団体「Outward Bound Trust」は、BBCのインタビューで「持ち上がった問題」について、数日内に臨時役員会を開くとしている。 2010年末にニューヨークのセントラルパークを散策するアンドリュー王子(左)とエプスティーン被告 アンドリュー王子は、エリザベス女王の第三子。裕福なヘッジファンド経営者だったエプスティーン被告と1999年に初めて会ったと話している。 2001年から2011年までイギリスの国際貿易担当特使を務めていたアンドリュー王子は2010年暮れ、ニューヨークのセントラルパークでエプスティーン被告といるところを撮影された。当時の被告はすでに未成年を売春に勧誘・斡旋(あっせん)した罪で有罪を認めた後だったため、アンドリュー王子は当時も、被告との交際を批判された。 また、2015年にアメリカでエプスティーン被告に対する民事訴訟が起こされた際には、原告の1人ヴァージニア・ジュフリー(旧姓ロバーツ)さんが、17歳だった2001年に王子との性行為を3回にわたり被告に強制させられたと主張している。 王子はこれらの件についてBBCの取材に応じたものの、ジュフリーさんについてはまったく覚えていないと述べたほか、ジュフリーさんと共に写っている写真についても疑問を呈した。 「認識欠いている」 こうしたインタビューの内容について、イギリスでは批判の声が相次いでいる。BBCのジョニー・ダイモンド王室担当編集委員は、王子はインタビューによって「大打撃を受けた」と述べ、身の潔白を訴えるための出演は「大失敗」に終わったと指摘した。 また、エプスティーン被告に対する民事訴訟で原告側の弁護士を務めるスペンサー・クヴィン氏は、「彼は有罪となった性犯罪者と友達で、その関係を続けようとした。その事実だけで、被告が少女たちにしたことについて、王子が認識を欠いていることがわかる」と述べた。 インタビューは14日にバッキンガム宮殿で収録され、16日夜にイギリスで放送された。国外からはYouTubeで視聴できる(英語)。...

Read more
日米が貿易協定に合意 米の食農産品9割で関税撤廃か削減

  日本とアメリカは25日、両国間の貿易において、特定の製品に対する関税を撤廃または引き下げるとする貿易協定に合意した。 国連総会のため米ニューヨークを訪れている安倍晋三首相とドナルド・トランプ米大統領は同日、現地のホテルで会談した。 自動車の追加関税は これまでの協議でアメリカは、日本製の自動車に対して最高25%の追加関税をかけると脅していた。 しかしこの日の合意では、自動車の関税は含まれなかった。 ロイター通信によると、安倍氏は「トランプ大統領と私自身の間で、さらなる追加関税は発動されないことを明確に確認した」との趣旨の説明をした。 一方、トランプ氏は、「すばらしい」合意に至ったと述べた。 米の食品と農産品の9割 一方、米通商代表部(USTR)は、アメリカ産の食品と農産品の90%以上を対象に、日本が関税を撤廃するか優遇することで合意したと発表した。 USTRによると、日本は牛肉や豚肉の関税を今後引き下げるとともに、特定のナッツや果物、野菜については直ちに関税を撤廃するという。 その見返りとして、アメリカは日本の切り花や緑茶、しょうゆなどの4000万ドル(約43億円)分の農産品に対する関税を撤廃または引き下げる予定だという。 ホワイトハウスが発表した日米首脳会談の記録によると、安倍首相は「世界経済に非常にすばらしい、前向きな影響」を与えるだろうと述べた。 デジタル製品は対象外に 日米両国はまた、ビデオや音楽、電子書籍などのデジタル製品に関税をかけないことでも合意した。 USTRは声明で、日本との「包括的な合意」に向けた協議を待ち望んでいるとした。

Read more
英トーマス・クック破産で代替便の価格高騰、利用客が悲鳴

  破産した英老舗 旅行 代理店トーマス・クックを通じて 旅行の予約 をしていた 利用客が、飛行機 の代替 便やホテルの 宿泊料の 価格高騰 に悲鳴を あげて いる。 フレイザー・マレンさん(53)と妻は、来月の 米ニューヨーク行 きのトーマス・クックのフライト を今年1月に予約。総 額779ポンド(約10万4000円)を 支払った。 ところが今月23日、フレイザーさん は代替便 を確保す るため、6000ポンド(約80万2000円)以上を支 払わなけれ ばなら なくなった。 [caption...

Read more
破産の英トーマス・クック利用客、第一陣が帰国 空港は混乱

  英ロンドンの裁判所に破産を申請した英旅行代理店トーマス・クック・グループを利用して国外を旅行中だったイギリス人の「帰国作戦」が本格化し、第一陣が23日、帰国した。 英政府は、同社の営業停止の影 響を受ける、国外を旅行中 の英国人 15万5000人を帰国させ るため、2週間にわたりチャーター機を運行するとしていた。 グラント・シャップス英運輸相は、今回の 危機的状況へ の対応は「これま でのところ順調」かつ「スムーズにいっている」と述べた。 しかし、一部の旅行客からは、長蛇の列で待たさ れるなど、空 港での混乱 をめぐって 不満の声 が上がっている。 9時間待ちも リッキー・ヒューストンさんは、23日に搭乗する予定だっ たギリシャ・コルフ 島発イング ランド北東部ニューカッスル行きの便が9時間遅れたという。 「担当者に 同情する。彼らも何 も分からな い状態だと思うので。 私たちに最 新情報...

Read more
英旅行大手トーマス・クック、破産申請 旅行者15万人の帰国作戦が開始

  創業178年の英 旅行代 理店トー マス・ クック・ グループは23日、ロンドン の裁判 所に破産 を申 請した。追加の資金調達 交渉が合意 に達しな かったため。英民間 航空局(CAA)は、同社が 「直ちに営 業を停 止した」と発 表した。トーマス・クック・グループは、「近代ツーリ ズムの祖」とも言われ る実業家ト ーマス・クッ クが19世紀に創 業した老舗旅 行代理店 が母体 だった。 これによって、同社の...

Read more
「グリーンランド買いたい」「売らない」 トランプ氏、デンマーク訪問を中止

  ドナルド・トラ ンプ米 大統領は20日、9月に 予定 されて いた デンマーク訪 問を 取り やめた。メテ・フレデリクセン首 相が、グリーンランド をアメ リカに 売る つも りはな いと発 言したこ とを受 けて、ツイッ ターで発 表した。 トランプ大 統領 は先週、グリーンラ ンド買収に 関心があ...

Read more
米経済団体、「株主第一」を廃止 福利厚生や地域に注力へ

  アメリカ 最大 規模の 経済 団体「ビジネス・ラウンドテーブル」は18日、数十年 にわた って資本主義 を推進してきた 株主第一 主義を廃止 すると 発表した。株主利益 の追求 はも はやアメ リカ の 実業界の 主目 的ではなく、今後は 利益を 生むこと とと もに、社会的責任 を果たす ことに も注力す...

Read more
対韓輸出規制でわかった、「ニッポンの製造業」が世界最強であるワケ

  自動車業界に限らず、各種部品・素材分野などでの日本の強さは実証済みだ。 例えば、現在世間を騒がしている、いわゆる対韓輸出規制(正しくは管理)の3品目のうち、フッ化ポリイミドは、ディスプレイ用樹脂材料に使われる。また、レジストは基盤などの表面の緑色の部分で、表面を覆うことで絶縁膜を作る保護剤である。さらに、フッ化水素は、半導体のシリコン基板の洗浄に使われる物体である(「エッチングガス」とも呼ばれている)。 これらの品目の日本の世界シェアは、フッ化ポリイミドとレジストが約9割、フッ化水素が約7割と報道されている。グーグルやフェイスブックも真っ青になる占有率だ。 日本の強さはもちろんスマホ分野だけでは無い。半導体製造装置・検査装置の市場の大部分は日本と米国の企業が押さえている。 また、ファナックに代表される「工作機械」分野でも日本 が圧倒 的で、競合は概 ねドイツ などの 欧州勢に限られる( 但し粗悪 な製品 においては、中国・韓国など も参入し ている)。 インテルの「インテル入っ ている」という テレビコ マーシャ ルが一世を風 靡したが、世界の 製造 業では「ニッポン入っている」状態で、インテルのCPUがパソコン市場 を支配し たように、日本の 部品・素材が 世界市場を牛耳っ...

Read more
英GDP、8年半ぶりのマイナス成長 ブレグジット延期受け

  GDP成長率は、ゼロ%とした大方の予想を下回った。第1四半期は、欧州連合(EU)離脱に向けた備蓄が加速したため0.5%拡大していた。イギリスは当初3月29日にEUを離脱する予定だったが、テリーザ・メイ前首相とEUがまとめた協定が議会で否決されたため、期限を10月31日に延期した。 前年同期比では1.2%と、第1四半期の1.8%から減速。2018年第1四半期以来の低水準となった。 為替市場では、景気後退(リセッション)への懸念からポンド安が加速した。 ONSのロブ・ケント=スミス氏は、「製造業生産は今年初め、当初のEU離脱期限前の駆け込み受注で力強いスタートを切ったが、落ち込みに転じた」と分析。また、イギリス経済をけん引するサービス業が0.1%とほとんど伸びなかったと述べた。 ONSによると、「GDPやその他の経済指標は今年に入り、特に変動が激しくなっている。これは3月末に予定されていたEU離脱に関連していた経済活動のタイミングが変わったことが大きい」。 また、第2四半期は増加していた在庫水準が一部下がったほか、ブレグジット(イギリスのEU離脱)に向けた緊急時対応計画の一環で、自動車メーカーが毎年恒例の工場閉鎖期間を4月に前倒ししたことも影響しているという。

Read more
英鉄道会社、「ハトのふん」で滑った客に350万円? 駅での負傷に補償金

  イギリス の鉄 道運行 会社「ネットワーク・レイル」 が、国内 の複数の 駅で 滑ったり、つまづ いたり、転倒 したりし  た人に 対し、2018会計年度(2018年4月1日~2019年3月31日)までの5年 間で、総額95万1360ポンド(約1億2300万円)の補償 金を 支払 っていたこ とが、BBCが入手し たデー タで  明らか になった。 事例 の半 数以上は、ロンド ンのユースト ン駅、パディ ントン...

Read more
Page 1 of 4 1 2 4

Translate

Popular Post

【英総選挙2019】 各党代表者がテレビ討論 焦点はやはりブレグジット

  イギリス各党の有力議員が1日、12日の総選挙に向けたテレビ討論大会に参加し、欧州連合(EU)離脱や国民保健サービス(NHS)、テロ対策などについて激論を交わした。 ITVが放送したこの討論会には、与党・保守党からはリシ・スーナック財務長官が出席。保守党が勝利した場合、EUとの合意なくEUを離脱する案を取り下げるよう他党議員から強く求められたが、明言を避けた。 また、最大野党・労働党のリチャード・バーゴン影の法相は、同党が約束しているブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる2度目の国民投票を行う案について追及された。 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱する予定だが、イギリス議会は離脱条件をまとめたEU離脱協定案をまだ承認していない。 ボリス・ジョンソン英首相は12日の総選挙で過半数議席を獲得し、ブレグジットを実現したい一方、野党各党は国民投票やブレグジットの中止などを掲げている。 ブレグジットめぐり衝突 司会者のジュリー・エッチンガム氏はバーゴン氏に、労働党が勝利して2度目の国民投票が実現した場合、残留と離脱のどちらに投票するつもりかと尋ねた。 これに対しバーゴン氏は、「労働党政権が(EUと)離脱協定を結んだ後に地元の労働党員と話し合い、どういするか決めたいと思う」と話し、直接回答しなかった。 また、同党のジェレミー・コービン党首が2度目の国民投票について中立を保っていることを擁護。コービン氏は「選挙のために国民を利用するのではなく、イギリスをひとつにし、分裂をいやすつもりだ」と語った。 これに対し野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、コービン氏の中立は「党首ではなく見物人の立ち位置だ」と批判。しかしバーゴン氏は、自由民主党のブレグジット中止案は「あまり自由主義的でも、民主主義的でもない」と反論した。 2度目の国民投票を支持するスコットランド国民党(SNP)のニコラ・スタージョン党首は、保守党が「何としてでもブレグジットを実現しようとして」いることも、労働党が「どちら側に立つかすら決められない」ことも、「ひどい有様だ」と批判した。 その上で保守党のスーナック氏に対し、保守党がEUとの通商交渉に失敗した場合、合意なしブレグジットを回避するよう求めた。 スーナック氏は、「すでに協定案はできあがっている」とした上で、ブレグジットで焦点となっているのは離脱協定であり、通商協定ではないと訂正した。 さらに、通商協定は「将来取り決めるもの」だと説明し、「その未来にたどり着くには」2016年の国民投票の結果を尊重し、EUを離脱するしかないと話した。 司会を務めたジュリー・エッチンガム氏...

Read more