インド首相、カシミールに「新時代」と 「自治権」剥奪の正当性主張

  モディ首相 はこ の日、ジャ ンムー・ カシ ミール州に 70年にわ たり、独自の 立法・行政・司法制 度と いった一定の自 治性を認め てきた憲法370 条の、ほぼすべ てを廃止す ると発 表して 以降、初めて となる 演説 を行なった。 「憲法370条の廃止は、新時代の幕開けだ」 演説は、懸念や 分断が 生じてい る最 中に、国営テレビと...

Read more
【解説】 インド憲法370条 「自治権」廃止、カシミールで一体何が?

  カシミール はヒマラヤ山 脈の麓の 地域で、インドとパキス タンがそ れぞれ カシミール全土の領 有を主 張している。 かつてはジャ ンムー・カ シミール藩 王国の自治 領だっ たが、1947年にイギ リスによる 植民地支 配が終わると、国は二分され、インドと パキス タンが 誕生した。ジャ ンムー・カシ ミールは インド帰 属となった。 以降、インドとパキ スタ...

Read more
インドのトラ、急速に増加 狩猟禁止で3千頭まで回復

  ナレンドラ・モディ 首相は29日、2014年に2226頭だっ たインド 国内の トラが、2018年には2967頭に増 えたと発表 した。 また、同国が「トラ にとって 最大かつ 最も 安全な生 息地の 1つ」だと 述べた。 現在、世界 中のトラ の約7割が、同国内 に生息し ていると みられ ている。 森を歩き回って調査 インドは4年ご とにトラ の生息数を 調査している。森林管理...

Read more
日本はまだクジラの肉を好みますか?

    日本は30年以上の格差の後に商業捕鯨を再開する準備をしている。 東京は、いくつかの種は現在十分に回復しており、もはや国際禁止に従う必要はないと言います。 しかし、食糧を求めてクジラを狩るという決定は、家庭では口に合うものでもなく、有益でもないかもしれません。 Al JazeeraのMereana Hondが報告しています。 移住により、ザトウクジラは11月中旬からカボサンルーカス地区に戻ります。通常、大人のザトウクジラが11月中旬から12月上旬にかけてカボサンルーカスを通過します。 12月中旬までには、カボのザトウクジラの人口はピークに近づき、活動レベルは全体的に高くなっています。これは1月末まで続き、大人のザトウクジラがツアーを支配しています。 12月下旬から1月にかけて、生まれたばかりの赤ちゃんのザトウクジラに会い始めます。 2月上旬までには、ザトウクジラが活発になり始め、4月のシーズンの終わりまで彼らのエネルギーと活動レベルが私たちのツアーを支配します。また、3月と4月には大人のザトウクジラのグループが北に移動するのが見られます。 カボサンルーカスに移動する他の種は、シロナガスクジラです。通常、1月上旬に到着する大人のコククジラは少人数のグループで、3月下旬までカボで見られます。ザトウクジラとは異なり、シロナガスクジラの交配、出産および授乳活動の大部分はマグダレナ湾のような地域でさらに北に行われます。ここカボサンルーカスでは通常、シロナガスクジラがかなり海岸に近い場所で観察されています。コククジラはカボサンルーカスのザトウクジラほど一般的ではありません。

Read more
日本のプラスチック問題:東京の先導者達は、G20で廃棄物への取り組みを推進

  日本の新幹線を旅する喜びの1つは、駅伝「駅のお弁当」に入っていることです。しかし、それはまた、同国のプラスチックへの嗜癖を思い出させるものでもあります。 今週の大阪で開催されるG20サミットの途中で食べられるガーディアンのekibenは、ソースとマスタードのための機能的な小袋から、純粋に装飾的な偽の草の細片まで、9個以上のプラスチック片を含んでいました。 世界の指導者の集まりに間に合うように、日本はプラスチック廃棄物に取り組むための国際的な努力を先導することを誓いました - 環境大惨事は彼らが金曜日に開く2日間の会議で優先されることを望んだと言いました。 しかし、運動家たちは、日本 - 米国に続いて一人当たりのプラスチック廃棄物の世界第2位の生産者 - は、それ自体の玄関先にたまっているゴミに対処するためにももっとやらなければならないと言います。 日本の消費者は年間約300億個のレジ袋を購入しています。ブルームバーグが引用した大阪商科大学の調査によると、G20会場からすぐのところにある大阪湾には、推定300万個のプラスチック製の買い物袋と600万個の他のプラスチック片が入っています。 日本の消費者は年間約300億個のレジ袋を購入しています。 欧州議会は3月に2021年までにすべての加盟国で使い捨てプラスチックを禁止する法律を可決しましたが、日本は昨年米国とともにG-7プラスチック憲章に署名しませんでした。 2030年までにすべてのプラスチック製品を集める。代わりに、政府は2030年までに使い捨てプラスチックの25%削減という野心的でないことを約束した。 精巧な包装のための文化的な好みは部分的に非難です - 消費者は慎重に包まれたアイテムを高級でハイエンドのカスタマーサービスと関連付けます。審美的には喜ばれるがスーパー、店、プラットホームのお弁当スタンドでの不必要な包装は日本に対処するのに苦労しています。 2017年に北京が輸入を禁止するまで、日本はかつて年間150万トンのプラスチック廃棄物を中国に送っていましたが、現在は廃棄物の処理と処理が不十分な東南アジア諸国にリダイレクトし、人々を環境衛生にさらしています問題があります。 プラスチック廃棄物中のビニール袋の割合は多くはありませんが、充電は象徴的でしょう原田義明 アジアのプラスチック投棄場にならないことを決心して、マレーシアやフィリピンのような国は現在出荷を引き返しています。その結果、日本の倉庫にはプラスチック廃棄物が蓄積しており、焼却炉は最大容量に達しています。 政府は来年4月からスーパーマーケットや他の店に使い捨てのバッグを請求するよう要求するだろう、と他の多くの国がすでにスーパーマーケットからのビニール袋を禁止していることを考える 環境大臣の原田義明氏は、小売業者がバッグの値段を決めることを余儀なくさせる措置は、使い捨てプラスチックが海洋環境に与えている損害に対処するためにはほとんど役に立たないだろうと認めた。 プラスチック廃棄物を減らすという日本の決定のうち、「プラスチック廃棄物中のポリ袋の割合は大きくはないが、課金は象徴的になるだろう」と彼は記者団に今月初めに語った。 今月初めに日本で開催されたG20環境大臣会合は、各国に使い捨てプラスチックを減らすための自主的措置を講じるよう求める国際的枠組みに合意したが、数値目標の設定には至らなかった。 「海洋ごみ、特に海洋プラスチックごみやマイクロプラスチックは、海洋生態系、生活、そして漁業、観光、海運などの産業、そして潜在的には人間の健康に悪影響を及ぼすので、緊急の行動を必要とする問題です」と彼らはコミュニケで述べた。 地方自治体や企業はより決定的な行動を取っています。京都近郊の亀岡町では、違反者が罰金を科される可能性があるため、来年から約800の小売業者がビニール袋の持ち出しを禁止する予定です。 セブン...

Read more

Translate

Popular Post

【英総選挙2019】 各党代表者がテレビ討論 焦点はやはりブレグジット

  イギリス各党の有力議員が1日、12日の総選挙に向けたテレビ討論大会に参加し、欧州連合(EU)離脱や国民保健サービス(NHS)、テロ対策などについて激論を交わした。 ITVが放送したこの討論会には、与党・保守党からはリシ・スーナック財務長官が出席。保守党が勝利した場合、EUとの合意なくEUを離脱する案を取り下げるよう他党議員から強く求められたが、明言を避けた。 また、最大野党・労働党のリチャード・バーゴン影の法相は、同党が約束しているブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる2度目の国民投票を行う案について追及された。 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱する予定だが、イギリス議会は離脱条件をまとめたEU離脱協定案をまだ承認していない。 ボリス・ジョンソン英首相は12日の総選挙で過半数議席を獲得し、ブレグジットを実現したい一方、野党各党は国民投票やブレグジットの中止などを掲げている。 ブレグジットめぐり衝突 司会者のジュリー・エッチンガム氏はバーゴン氏に、労働党が勝利して2度目の国民投票が実現した場合、残留と離脱のどちらに投票するつもりかと尋ねた。 これに対しバーゴン氏は、「労働党政権が(EUと)離脱協定を結んだ後に地元の労働党員と話し合い、どういするか決めたいと思う」と話し、直接回答しなかった。 また、同党のジェレミー・コービン党首が2度目の国民投票について中立を保っていることを擁護。コービン氏は「選挙のために国民を利用するのではなく、イギリスをひとつにし、分裂をいやすつもりだ」と語った。 これに対し野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、コービン氏の中立は「党首ではなく見物人の立ち位置だ」と批判。しかしバーゴン氏は、自由民主党のブレグジット中止案は「あまり自由主義的でも、民主主義的でもない」と反論した。 2度目の国民投票を支持するスコットランド国民党(SNP)のニコラ・スタージョン党首は、保守党が「何としてでもブレグジットを実現しようとして」いることも、労働党が「どちら側に立つかすら決められない」ことも、「ひどい有様だ」と批判した。 その上で保守党のスーナック氏に対し、保守党がEUとの通商交渉に失敗した場合、合意なしブレグジットを回避するよう求めた。 スーナック氏は、「すでに協定案はできあがっている」とした上で、ブレグジットで焦点となっているのは離脱協定であり、通商協定ではないと訂正した。 さらに、通商協定は「将来取り決めるもの」だと説明し、「その未来にたどり着くには」2016年の国民投票の結果を尊重し、EUを離脱するしかないと話した。 司会を務めたジュリー・エッチンガム氏...

Read more