串カツから京都寺まで、G20は日本文化を紹介

  大阪で開催された20回の首脳会談のグループを取材する記者団とメディア代表は、国際メディアセンターで地元の美味しい料理を味わった。 串カツの串揚げ肉と野菜、たこ焼きたこ焼きなどが、市内の住之江区でのサミットのメイン会場であるインテックス大阪のIMCのメニューの中にありました。 海外の報道機関の記者たちは、新鮮で盛り上がりを見せている大阪の名物料理を手に入れました。 市内で人気のある串カツ食堂では、他の種類の中でも串焼き牛肉や山芋が提供されていました。 菜食主義者やイスラム教徒も料理を楽しむことができるように、大豆油がフライに使用されました。 パートナーが京都を訪問 安倍晋三首相の妻である安倍昭恵氏は、金曜日に京都の東福寺に護衛しながら、G20首脳のパートナーのホストを務めました。 約20人の参加者が寺院の庭園を散歩して、初夏の緑のカエデの葉を見たり、日本の風景や文化を鑑賞したりしました。

Read more
デザート用の冷たいコーヒー麺は日本の最新の夏のお菓子の革新です

  日本は真夏の暑さに最適な冷たい麺と冷たいコーヒーの味をすでに把握しています。 西洋の食べ物や飲み物の伝統では、パスタやコーヒーは通常暑い日に出されます。しかし、かなり長い間、日本では、麺とJavaの両方が冷やしたときにさわやかな夏のおやつを作ることができることを知っています。 ちょっと最近、千葉にある日本の名物喫茶店、タヌキコーヒーは、ざるそばとアイスコーヒーがどちらもおいしいとしたらどうでしょう、どうにかしてこの2つの料理を組み合わせてみたとしたらどうでしょうか。その結果、目を引くCoffee Gelatin Sodaが今週デビューします。 他の日本の麺と同じように、あなたはコーヒーゼラチンそばを箸で食べることになっています。その名前にもかかわらず、ソバは使用されていません。代わりに、麺はタヌキコーヒーの特別なフレンチプレス醸造で作られたゼラチンの長いストリップです。 冷たいそばには通常、噛む前にうどんを入れるカツオのスープが添えられていますが、Coffee Gelatin Sobaはデザートであるため、Tanuki Coffeeは明らかにシーフード風味の低いものを選んだ。その代わりに、コーヒーゼラチンそばにはブルーベリーシロップの容器が付属しています。これは千葉県の町キサラズの農場で栽培されている地元産の果実を利用したもので、下のビデオでご覧いただけます。 https://youtu.be/PkzEJwcVx60 コーヒーゼラチンそばは650円(6米ドル)で、6月29日に田中コーヒーのメニューに加わります。 夏の暑さの高さ。 カフェ情報 たぬきコーヒー 住所:祇園1-26-9木更津市千葉県 千葉県木更津市祇園1-26-9 午前11時から午後6時まで営業 月曜日、火曜日は休みです

Read more

Translate

Popular Post

【英総選挙2019】 各党代表者がテレビ討論 焦点はやはりブレグジット

  イギリス各党の有力議員が1日、12日の総選挙に向けたテレビ討論大会に参加し、欧州連合(EU)離脱や国民保健サービス(NHS)、テロ対策などについて激論を交わした。 ITVが放送したこの討論会には、与党・保守党からはリシ・スーナック財務長官が出席。保守党が勝利した場合、EUとの合意なくEUを離脱する案を取り下げるよう他党議員から強く求められたが、明言を避けた。 また、最大野党・労働党のリチャード・バーゴン影の法相は、同党が約束しているブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる2度目の国民投票を行う案について追及された。 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱する予定だが、イギリス議会は離脱条件をまとめたEU離脱協定案をまだ承認していない。 ボリス・ジョンソン英首相は12日の総選挙で過半数議席を獲得し、ブレグジットを実現したい一方、野党各党は国民投票やブレグジットの中止などを掲げている。 ブレグジットめぐり衝突 司会者のジュリー・エッチンガム氏はバーゴン氏に、労働党が勝利して2度目の国民投票が実現した場合、残留と離脱のどちらに投票するつもりかと尋ねた。 これに対しバーゴン氏は、「労働党政権が(EUと)離脱協定を結んだ後に地元の労働党員と話し合い、どういするか決めたいと思う」と話し、直接回答しなかった。 また、同党のジェレミー・コービン党首が2度目の国民投票について中立を保っていることを擁護。コービン氏は「選挙のために国民を利用するのではなく、イギリスをひとつにし、分裂をいやすつもりだ」と語った。 これに対し野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、コービン氏の中立は「党首ではなく見物人の立ち位置だ」と批判。しかしバーゴン氏は、自由民主党のブレグジット中止案は「あまり自由主義的でも、民主主義的でもない」と反論した。 2度目の国民投票を支持するスコットランド国民党(SNP)のニコラ・スタージョン党首は、保守党が「何としてでもブレグジットを実現しようとして」いることも、労働党が「どちら側に立つかすら決められない」ことも、「ひどい有様だ」と批判した。 その上で保守党のスーナック氏に対し、保守党がEUとの通商交渉に失敗した場合、合意なしブレグジットを回避するよう求めた。 スーナック氏は、「すでに協定案はできあがっている」とした上で、ブレグジットで焦点となっているのは離脱協定であり、通商協定ではないと訂正した。 さらに、通商協定は「将来取り決めるもの」だと説明し、「その未来にたどり着くには」2016年の国民投票の結果を尊重し、EUを離脱するしかないと話した。 司会を務めたジュリー・エッチンガム氏...

Read more