アジアニュース

世界のニュース

ビジネス

会計事務所KPMG、アンドリュー英王子の事業への出資中止

会計事務所KPMG、アンドリュー英王子の事業への出資中止

  大手会計事務所KPMGは18日、英王室のヨーク公アンドリュー王子が運営する起業家向けイニシアチブ「 [email protected](ピッチ・アット・パレス)」への出資を中止すると発表した。 アンドリュー王子をめぐっては、性的人身取引で起訴され勾留中に急死した米富豪ジェフリー・エプスティーン被告(66)との友好関係について疑惑が噴出しており、KPMGの判断はこれを受けたものとみられる。 王子は先にBBCの単独インタビューに応じ、すでに性的犯罪で有罪となっていた被告の家に滞在したことは「過ち」で、自分の周囲を「がっかりさせる」行動だったと認めた。一方で、未成年女性との性行為疑惑については否定している。 (編集部注・ Jeffrey Epstein被告の姓は、日本語メディアで「エプスタイン」と表記されることもありますが、BBCでは当人を知る関係者たちの発音に近い「エプスティーン」と表記しています) ピッチ・アット・パレスは、ビジネスアイデアを業界の著名人にプレゼンできる機会を起業家に与えるプログラムで、2014年にアンドリュー王子が立ち上げた。 現在64カ国で展開されており、これまでに6300人以上の雇用を生み出しているという。ピッチ・アット・パレスにはKPMG以外にも出資企業がある。 BBCはバッキンガム宮殿とKPMGにこの件についてコメントを求めた。KPMGはコメントを拒否している。 こうした中、アンドリュー王子が学長を務める英ハダースフィールド大学の学生組合は18日、王子の学長辞任を求める決議を採択した。 また、王子がパトロンを務める教育慈善団体「Outward Bound Trust」は、BBCのインタビューで「持ち上がった問題」について、数日内に臨時役員会を開くとしている。 2010年末にニューヨークのセントラルパークを散策するアンドリュー王子(左)とエプスティーン被告...

Read more

日米が貿易協定に合意 米の食農産品9割で関税撤廃か削減

日米が貿易協定に合意 米の食農産品9割で関税撤廃か削減

  日本とアメリカは25日、両国間の貿易において、特定の製品に対する関税を撤廃または引き下げるとする貿易協定に合意した。 国連総会のため米ニューヨークを訪れている安倍晋三首相とドナルド・トランプ米大統領は同日、現地のホテルで会談した。 自動車の追加関税は これまでの協議でアメリカは、日本製の自動車に対して最高25%の追加関税をかけると脅していた。 しかしこの日の合意では、自動車の関税は含まれなかった。 ロイター通信によると、安倍氏は「トランプ大統領と私自身の間で、さらなる追加関税は発動されないことを明確に確認した」との趣旨の説明をした。 一方、トランプ氏は、「すばらしい」合意に至ったと述べた。 米の食品と農産品の9割 一方、米通商代表部(USTR)は、アメリカ産の食品と農産品の90%以上を対象に、日本が関税を撤廃するか優遇することで合意したと発表した。 USTRによると、日本は牛肉や豚肉の関税を今後引き下げるとともに、特定のナッツや果物、野菜については直ちに関税を撤廃するという。 その見返りとして、アメリカは日本の切り花や緑茶、しょうゆなどの4000万ドル(約43億円)分の農産品に対する関税を撤廃または引き下げる予定だという。 ホワイトハウスが発表した日米首脳会談の記録によると、安倍首相は「世界経済に非常にすばらしい、前向きな影響」を与えるだろうと述べた。 デジタル製品は対象外に 日米両国はまた、ビデオや音楽、電子書籍などのデジタル製品に関税をかけないことでも合意した。 USTRは声明で、日本との「包括的な合意」に向けた協議を待ち望んでいるとした。

Read more

英トーマス・クック破産で代替便の価格高騰、利用客が悲鳴

英トーマス・クック破産で代替便の価格高騰、利用客が悲鳴

  破産した英老舗 旅行 代理店トーマス・クックを通じて 旅行の予約 をしていた 利用客が、飛行機 の代替 便やホテルの 宿泊料の 価格高騰 に悲鳴を あげて いる。 フレイザー・マレンさん(53)と妻は、来月の 米ニューヨーク行 きのトーマス・クックのフライト を今年1月に予約。総 額779ポンド(約10万4000円)を 支払った。...

Read more

破産の英トーマス・クック利用客、第一陣が帰国 空港は混乱

破産の英トーマス・クック利用客、第一陣が帰国 空港は混乱

  英ロンドンの裁判所に破産を申請した英旅行代理店トーマス・クック・グループを利用して国外を旅行中だったイギリス人の「帰国作戦」が本格化し、第一陣が23日、帰国した。 英政府は、同社の営業停止の影 響を受ける、国外を旅行中 の英国人 15万5000人を帰国させ るため、2週間にわたりチャーター機を運行するとしていた。 グラント・シャップス英運輸相は、今回の 危機的状況へ の対応は「これま でのところ順調」かつ「スムーズにいっている」と述べた。 しかし、一部の旅行客からは、長蛇の列で待たさ れるなど、空 港での混乱 をめぐって 不満の声 が上がっている。 9時間待ちも リッキー・ヒューストンさんは、23日に搭乗する予定だっ たギリシャ・コルフ...

Read more

Translate

Popular Post

【英総選挙2019】 各党代表者がテレビ討論 焦点はやはりブレグジット

  イギリス各党の有力議員が1日、12日の総選挙に向けたテレビ討論大会に参加し、欧州連合(EU)離脱や国民保健サービス(NHS)、テロ対策などについて激論を交わした。 ITVが放送したこの討論会には、与党・保守党からはリシ・スーナック財務長官が出席。保守党が勝利した場合、EUとの合意なくEUを離脱する案を取り下げるよう他党議員から強く求められたが、明言を避けた。 また、最大野党・労働党のリチャード・バーゴン影の法相は、同党が約束しているブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる2度目の国民投票を行う案について追及された。 イギリスは2020年1月31日にEUを離脱する予定だが、イギリス議会は離脱条件をまとめたEU離脱協定案をまだ承認していない。 ボリス・ジョンソン英首相は12日の総選挙で過半数議席を獲得し、ブレグジットを実現したい一方、野党各党は国民投票やブレグジットの中止などを掲げている。 ブレグジットめぐり衝突 司会者のジュリー・エッチンガム氏はバーゴン氏に、労働党が勝利して2度目の国民投票が実現した場合、残留と離脱のどちらに投票するつもりかと尋ねた。 これに対しバーゴン氏は、「労働党政権が(EUと)離脱協定を結んだ後に地元の労働党員と話し合い、どういするか決めたいと思う」と話し、直接回答しなかった。 また、同党のジェレミー・コービン党首が2度目の国民投票について中立を保っていることを擁護。コービン氏は「選挙のために国民を利用するのではなく、イギリスをひとつにし、分裂をいやすつもりだ」と語った。 これに対し野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首は、コービン氏の中立は「党首ではなく見物人の立ち位置だ」と批判。しかしバーゴン氏は、自由民主党のブレグジット中止案は「あまり自由主義的でも、民主主義的でもない」と反論した。 2度目の国民投票を支持するスコットランド国民党(SNP)のニコラ・スタージョン党首は、保守党が「何としてでもブレグジットを実現しようとして」いることも、労働党が「どちら側に立つかすら決められない」ことも、「ひどい有様だ」と批判した。 その上で保守党のスーナック氏に対し、保守党がEUとの通商交渉に失敗した場合、合意なしブレグジットを回避するよう求めた。 スーナック氏は、「すでに協定案はできあがっている」とした上で、ブレグジットで焦点となっているのは離脱協定であり、通商協定ではないと訂正した。 さらに、通商協定は「将来取り決めるもの」だと説明し、「その未来にたどり着くには」2016年の国民投票の結果を尊重し、EUを離脱するしかないと話した。 司会を務めたジュリー・エッチンガム氏...

Read more

More News

Page 1 of 79 1 2 79