コンビニエンスストアのビジネスモデル見直し

家族は北朝鮮から拉致被害者の早期帰国を求める

  三大コンビニエンスストア事業者は、売れ残り食品の量を減らそうとしており、その一環として、セブン - イレブンジャパン株式会社およびローソン株式会社は、コンビニエンスストア自体と同義となった固定価格販売システムの見直しを開始しました。 24時間の操作と一緒に。 加盟店が店舗の飽和や業界の労働力不足などの厳しいビジネス環境を経験する中で、成長を促進したビジネスモデルが転機を迎えました。 食品廃棄物を減らすことは、長い間コンビニ業界にとっての課題であった。政府は、コンビニエンスストアを含むすべての食品関連産業で、2030年度までに約270万トンの食品廃棄物を削減するという目標を設定しました。これは、2000年度の食品廃棄物量の半分に相当します。 では、なぜセブン - イレブン・ジャパンとローソンは、食品廃棄物の削減の原因として製品をマークダウンし始めるのに、今この瞬間を選ぶのでしょうか?ビジネスの状況がさらに悪化すれば、食品廃棄物の削減がフランチャイズ加盟者の支援につながると考えているのです。 金曜日の記者会見で、タケマス氏は次のように述べています。「売れ残りの製品の廃棄物が減れば、各店舗の利益も増加します。それは、加盟店にとってもやさしいアプローチです。」 フランチャイジーは、自分の判断で本社におにぎりおにぎりや弁当の箱詰めの食事を注文します。彼らは彼らの本社よりも売れ残りの製品の損失の高い割合を取ります。セブン - イレブン・ジャパンの場合、本社が損失の15パーセントをカバーし、フランチャイジーが85パーセントをカバーします。さらに、加盟店は売れ残りの商品を処分するための費用を負担する必要があります。 そのため、セブン - イレブン・ジャパンの一部のフランチャイズ加盟店は、自分で商品を割り引き始めました。そのような店舗の数は、全国の2万店舗の数パーセントにすぎません。しかし、実際のところ、売れ残りの商品の数を減らすことにつながるような割引を積極的に提供している店舗は少なくありません。彼らは、それ自身の割引を提供することに消極的である本部が次に何をするかを見るのを待っているところです。 均一なシステムが必要 これまで、コンビニエンスストアの各事業者は、固定価格で販売し続けることで、高い収益性とブランド価値を維持できると考えていました。しかし、厳しい経営状況を経験している加盟店の数が増えるにつれて、固定価格の原則に固執することは不可能になりました。 2009年に、公正取引委員会は、加盟店が自らの裁量で割引を提供できるようにすべきであるという見解を表明しました。...

Read more

2020年東京ゲームを推進するガンダムモデル

家族は北朝鮮から拉致被害者の早期帰国を求める

  このプロジェクトチームは5月15日、人気アニメTVシリーズ「機動戦士ガンダム」のプラスチック製ロボットモデルを宇宙へ旅立ち、2020年の東京ゲームの推進に協力すると発表した。 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会などが東京都千代田区で記者会見を行い、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同でプラモデルを宇宙へ輸送するプロジェクトの詳細を明らかにしました。アニメシリーズで宇宙で戦う世界的に人気のあるロボットは来春に彼らの目的地に到着する予定です。 これらのモデルは、東京大学工学部教授である中塚真一氏と共同で開発中の、10センチメートル×10センチメートル×30センチメートルのマイクロサテライトで輸送される予定です。マイクロサテライトは今年の秋にJAXAに配達される予定で、来年3月に補給船で国際宇宙ステーション(ISS)に輸送される予定です。これらのモデルは、2020年4月末までにISSから宇宙遊泳を予定しています。 マイクロサテライトには、プラモデルを撮影するための7台のカメラが装備されます。 アニメーションシリーズは1979年に最初に放映され、その後多数の続編とスピンオフに適応されました。そのロボットのプラモデルを作るためのキットは日本そして多くの外国で非常に普及しています。

Read more

家族は北朝鮮から拉致被害者の早期帰国を求める

家族は北朝鮮から拉致被害者の早期帰国を求める

  北朝鮮に拉致された日本国民の家族は日曜日に二国間交渉の進展を早めに彼らの愛する人を家に帰すように求めた。 東京での大会で、家族は拉致被害者の両親の高齢化のために時間切れになっていると述べ、拉致被害者の復帰に勝つためにあらゆる機会を利用するよう日本政府に要請した。 家族を支援するために全国で集められた累計約1341万の署名が集会で示されました。 この大会には1000人を超える人々が参加しましたが、80歳の拉致被害者家族の指導者である飯塚茂雄は、体調不良のため欠席しました。 彼を代表して、拉致被害者Megumiのグループの兄弟である横田拓哉氏は、「私の父親は入院中で、時間切れになっていることを痛感している」と述べた。

Read more

NPOが外国人が災害用語を学ぶのを助ける

屋久島の座礁した山すべて

  東京を拠点とする非営利団体は、言葉の壁が原因で災害時に情報が得られなくなるのを防ぐために、かるたの伝統的なトランプを使った防災教育を行っています。 このプログラムは日本の法律に基づいて一般社団法人として登録されているWaNavi Japanによって実施されています。地震を意味する「jishin」、避難を意味する「hinan」などの日本語の単語は、プログラムで教えられている災害関連の用語の1つです。 2011年3月の大地震、津波、原発事故で情報を入手するのに苦労していたアメリカ人の友人を見て、NPOの創設者兼共同理事である木村元子はこのようなプログラムを提供するというアイデアを思いつきました。 木村氏は、避難所や無線の災害情報配信システムに関する知識の面で、日本人と外国人住民の間にギャップがあることを知った。 「津波警戒のサイレンの意味がわからないため、沿岸を歩いて家に帰る人もいたと聞きました」と木村氏。 かるたを使ったプログラムでは、外国の参加者は、それらを大声で読み上げ、対応するイラスト、英語の翻訳、または漢字を含むカードを選ぶことによって、災害関連の用語を学びます。参加者にこのようなゲームを繰り返しプレイさせることで、リスニングとリーディングを通して災害関連の日本語の用語を理解できるようになることを目的としています。 自治体、大使館、企業などの機関からの依頼を受けて開催されたワークショップでは、NPOが外国人参加者に英語で避難情報を提供するアプリなどを紹介し、必要な情報にアクセスします。 また、このようなワークショップでの活動の一環として、NPOは参加者に、津波が到着する前に避難を要求する自治体放送のサンプルを聞き、彼らが言っていることを実際に理解しているか確認します。 埼玉県川越市の東京国際大学で開催されたメキシコからの交換留学生、アナ・ポーラ・オルティス氏は、「ヒナン」のような日本語の単語を知らなかったと語った。起こりうる災害に備えて。 深刻な労働力不足に対処するために国内でより多くのそのような労働者を受け入れるように意図されている改正入国管理法の4月の発効後、日本の外国人労働者が増加すると予想される日本語の災害関連語彙 「生き残るためには語彙が必要なので、入国した直後に海外の人々に日本の災害関連用語を習得してもらいたい」と木村氏は言う。

Read more

Translate

Popular Post

コンビニエンスストアのビジネスモデル見直し

  三大コンビニエンスストア事業者は、売れ残り食品の量を減らそうとしており、その一環として、セブン - イレブンジャパン株式会社およびローソン株式会社は、コンビニエンスストア自体と同義となった固定価格販売システムの見直しを開始しました。 24時間の操作と一緒に。 加盟店が店舗の飽和や業界の労働力不足などの厳しいビジネス環境を経験する中で、成長を促進したビジネスモデルが転機を迎えました。 食品廃棄物を減らすことは、長い間コンビニ業界にとっての課題であった。政府は、コンビニエンスストアを含むすべての食品関連産業で、2030年度までに約270万トンの食品廃棄物を削減するという目標を設定しました。これは、2000年度の食品廃棄物量の半分に相当します。 では、なぜセブン - イレブン・ジャパンとローソンは、食品廃棄物の削減の原因として製品をマークダウンし始めるのに、今この瞬間を選ぶのでしょうか?ビジネスの状況がさらに悪化すれば、食品廃棄物の削減がフランチャイズ加盟者の支援につながると考えているのです。 金曜日の記者会見で、タケマス氏は次のように述べています。「売れ残りの製品の廃棄物が減れば、各店舗の利益も増加します。それは、加盟店にとってもやさしいアプローチです。」 フランチャイジーは、自分の判断で本社におにぎりおにぎりや弁当の箱詰めの食事を注文します。彼らは彼らの本社よりも売れ残りの製品の損失の高い割合を取ります。セブン - イレブン・ジャパンの場合、本社が損失の15パーセントをカバーし、フランチャイジーが85パーセントをカバーします。さらに、加盟店は売れ残りの商品を処分するための費用を負担する必要があります。 そのため、セブン - イレブン・ジャパンの一部のフランチャイズ加盟店は、自分で商品を割り引き始めました。そのような店舗の数は、全国の2万店舗の数パーセントにすぎません。しかし、実際のところ、売れ残りの商品の数を減らすことにつながるような割引を積極的に提供している店舗は少なくありません。彼らは、それ自身の割引を提供することに消極的である本部が次に何をするかを見るのを待っているところです。 均一なシステムが必要 これまで、コンビニエンスストアの各事業者は、固定価格で販売し続けることで、高い収益性とブランド価値を維持できると考えていました。しかし、厳しい経営状況を経験している加盟店の数が増えるにつれて、固定価格の原則に固執することは不可能になりました。 2009年に、公正取引委員会は、加盟店が自らの裁量で割引を提供できるようにすべきであるという見解を表明しました。...

Read more

More News